白金・麻布スイーツ探検

港区白金、白金台、麻布付近ののスイーツのお店を探って行きます

バレンタインデーには白金、四の橋商店街のミニマル(Minimal) でチョコレートバー

白金高輪駅からほど近い四の橋商店街の中にチョコレート専門店がオープンしたとの情報を仕入れたいので早速調査に出かけました。(^_^)

もうすぐバレンタインデーで多くの義理チョコでチョコ地獄なるのは承知の上ですが、スイーツ好きとしてはもちろん自腹でしっかり買ってきてレポートいたします。

日曜の朝、早速行ってみると。。。。10時半くらいにいったのですが、閉まっていました。。。

開店時間を調べると開店時間が11時と言うことなので近くで少し待機。。。再びお店に向かいました。

住所:白金1-7-1 アズ白金ビル1F
Hours : 11:00〜18:00、定休日 : 日曜、月曜

 白金店は支店で本店は渋谷区富ヶ谷、その他にも銀座にBean to Bar Stand があります。

 

ちょっとチョコレート屋さんと言うより、薬剤師さんがいる薬局みたいなカウンターが付いている店構えです。

f:id:baseball-birthday:20170213014940j:plain

中に入ると、ガラス越しに女性ががいて、色々説明をしてくれるます。右側の窓みたいな所ですね!

Minimalのチョコレートとは?

簡単に言うと、Minimalのチョコレートは何種類かの50gチョコレートバーがメインの商品(私が言ったときは6種類)で、バレンタインのプレゼントというより、チョコレート好きのためのチョコレート専門店だと思います。

 

カカオ豆から、バーまで一貫生産が持ち味です。

 

特徴としてカカオ豆と砂糖(てんさい糖)だけ作られており、フレバー、カカオ豆産地、農家、加工した年月などが書かれて販売されています。

 

フレバーは大きく3種類に分かれておりココからさらに細かく4種類に分かれて12種類のあるそうです。

1.Nutty-Line(強うローストによるナッツのような甘くコク深いライン)
2.Fruity=Line(ローストをおさえてフルーティーなライン)
3.Savory-Line(ハーブやスパイスの様な個性豊かな味わい)

 

と言うことですが、6種類ちゃんと試食いたしまして、いくつかを手に入れ手試食しました。

 

それで今回は:ハイチ産のNattyLine Raw-Like(生に近いナッツのような甘い風味)を頂いてきました

 

まずは袋ですがプラスチックぽいのですが、生地が厚くけっこう生地っぽい高級感は出ているのでプレゼントとかにも行けそうです。

f:id:baseball-birthday:20170213022556j:plain

 

そして中身ですが、これも、薬屋さんみたいなスタイルでアルミでジッパーが付いていて薬みたいです。確りしていて密閉できるので味わいながら少しずつ食べるのは良いと思います。

 

f:id:baseball-birthday:20170213024848j:plain

 

カカオ産地:ハイチ  ¥1,188

カカオ割合:73%

ボイルドアーモンドのような風味

さらに細かく、書いてあります。

f:id:baseball-birthday:20170213024950j:plain

 

肝心のチョコレーレートは?

アルミパックの中はこんな感じです!パソコンのキーボードみたいですが、その通りに食べる人はいないと思いますが、どんな風に割って食べるかの解説まで書いており、それも高級チョコのお楽しみの1つだと言えます。

f:id:baseball-birthday:20170213025251j:plain

食べた感想ですが、カカオ72%ですのでビターなチョコだと想像していましたが、マイルドな感じで甘さも程良く感じで良いチョイスでした!!(事前に味見をして買いましたが)。

 

カカオ72%なのにビターな感じがしないのは 1.てんさい糖を使用 2.カカオが粗挽きだから 3.ハイチ産だから 4.市販のものと焙煎法が違う  位しか考えつきませんでしたが、私好みの味でした。

 

いままで、チョコレートは混ぜ物とかデザインとか包装にこだわった商品が多かったのですが、スイーツ好きとしては、産地とかローストとか、砂糖の種類とかの原材料こだわるのは大賛成です。

コーヒーだって産地で随分違いますから、これからはこんなこだわりも良いと思います。

Minimal - Bean to Bar Chocolate - | ビーントゥーバー チョコレート専門店 ミニマル

次回はもう1種類のチョコレートをトライします!