白金・麻布メモリーズ

港区白金、麻布付近の最近、昔の姿を日常と共にメモしていきます

白金スイーツから白金メモリーズへとブログを成長させていきます

白金スイーツでいままで続けてきましたが、スイーツショップだけでもどんどん店舗がかわり、白金スイーツから白金・麻布付近の生活の様子に関してのブログに変化させてこの辺りの変遷なども話していきたいと思います。

 

私も白金に越して50年ですが、それより古い方のお話も聞くとびっくりすることもあり、そんな記録も残していきたいと思います。

 

昔は都心の静かな住宅地だった白金も最近、タワーマンションがたったり、某宗教施設などが多くできて街の様子が変わっ来ています。

 

これからも白金周辺には住み続けるつもりですが、東京の都市で静かに過ごせるところがあれば、そこに移るのもありかな! って考えています。

 

 

白金四ノ橋商店街「」でちょっと小腹を満たす

白金高輪の四ノ橋商店街を歩いていた時、ついついお腹が空いていてつい立ち寄ってしまったのが今回の店「ベッカライ ブラウベルグ」でしたもう10月の終わりの夕方で薄暗く、ハロウィンで盛り上がった頃なので、子供づれも多く店内も結構混んでいました。

ちょっと小腹が空いいたので、軽いものと思っていたのですが、いくつか味わってみたくなり2種類ほど買ってみました。

住所:東京都港区白金3-9-6
営業時間:9:30~19:00   日曜・月曜

 

クリームホーン 250円

レジの脇に置いてあったのですが、生地だけおいてあり注文してからクリームを入れてくれるので生地のサクサク感はとてもあります。  クリームはチョコ系と生クリーム✙カスタードの2種類でしたが、今回はカスタード系をいただきました。

パン屋さんですので、ケーキ屋さんと違い甘さ控えめだったので、私としては少し物足りなかったのですが、生地のサクサク感は気に入りました。

f:id:baseball-birthday:20191105194711j:plain

クリームホーン

 

 シャインマスカット デニッシュ  350円

f:id:baseball-birthday:20191105195455j:plain

シャインマスカットデニッシュ

 

 

ホーンだけではちょっと物足りなかったのと、今年はシャインマスカットをあまり食べていなかったので、ついつい買ってしまいました。

普段はあまりフルーツがのっているスイーツは食べないのですが、デニッシュもあまり甘くなかったのでフルーツの甘みが感じられました。こちらはすでにシャインマスカットがのった状態で売られていましたが、生地のサクサク感はしっかりありました。

 

数年後にはどのお店が残っているんでしょうか?

相対的に、スイーツというよりもパン屋さんが作ったスイーツという事で、抑えが効いており食事の代わりに食べられる感じでした。

料金も他の店舗にに比べて、パン屋さんなのでリーズナブルで港区料金でないのは良かったですね。でも食パンやバケットも売っていました。

最近は白金当スイーツでも高級・普通・庶民的にクラス分けがされて来たと思いますが、数年後にどの店舗が残っているのか興味あるところです。

 

みんな美味しい店が多いのですが、港区料金ですので、一度飽きられたらいつまで続くのか心配なお店もあります。